横浜カカオクラブ

スコッチをくれないか。

VALUのリスクとビットコインの解説

そんなはした金はいらねぇんだよ!でおなじみ。DJココアです。

ツイッターこちら→横浜カカオクラブ (@yokohamakakao) | Twitter

f:id:yokohamakakao:20170607023657j:plain

さて今回は最近スタートしたサービス、VALUとビットコインの解説。
説明の便宜上、ビットコインから先に行こうか。

ビットコインをスーパー分かりやすく解説

ビットコインとは、

インターネット上に存在する仮想通貨である。

 

もちろん、物としては存在していない。あくまでネット上の仮想通貨である。では、これは電子マネーとなにが違うのか。

 

電子マネーには発行元、管理先が存在しているが、ビットコインにはそれが存在していない。

電子マネーは現金を電子に変換し、発生するが、ビットコインはネットワーク内に存在しているもので、現金と交換して手元に来る。

 

はい、意味わかんないね。

 

大丈夫、説明します。
ビットコインには発行元が存在しておらず、特定の管理先もない。
世界の複数いるプログラマーが互いに保証し合い、管理している。

そして、もう一つ、お金を払うと無尽蔵に発生するのではなくて、既に最大発行量が決まっている。2100万ビットコインが最大である。

つまりだ、『管理している組織はなく、存在している最大量が決まっている』

これがビットコインの特徴。電子マネーには全く似ていない。どちらかといえば、

 

金などの宝石、鉱物に似ているのだ。

 

金などの鉱物は自然界に存在しているもので、人が発生、管理しているものではない。そして、最大量は既に決まっている。

 

これが欲しい人が多ければ価値は上がっていくし、少なければ価値は下がっていく。そうゆう仕組みだ。

発行主体がないので、価値が急落しても誰も責任をとってくれないのがリスクと言えるだろう。

 

VALUのサービスを紹介

こちらも簡単に解説しよう。

VALUとは、

 

株式会社のように個人が発行するVALUを購入し、その人の株主(VALUER)になる。

 

というものだ。応援したい人のVALUを購入することで投資していくようだ。この売買にビットコインを使う。

特徴はほぼ株と同じ。トレードすることで差益を得ることもできるようだ。

VALUについて書かれている記事を載せておこう。

mecchanikukyu.hatenablog.com

inkyodanshi21.com

www.mazimazi-party.com

 

VALUのリスクについて 

VALUは多分、株の特徴とクラウドファンディングの特徴を合わせた良いサービスだと思う。ただ当然リスクはつきものだ。

 

株は持つことで経営に口出しすることができるけれどVALUはそういったことができない。
その辺りは株よりもクラウドファンディングに近いと思う。

 

そして、公開している本人がアカウント削除して逃げちゃう可能性もあるよね。そこも多分クラウドファンディングと同じで投資した側の自己責任なんだろう。

 

一番気になってたことが一つあって、これもどこかで解説してくれてる人いるのだろうか、、、

証券取引法とかどうなってるの?

 

法が届かないってことはその分トラブルが発生するのが目に見えてるから、十分に気をつけてやるべきだと思う。

上手に使えばいいサービスだと思ってる。

 

VALUのリスクについて詳しく説明してくれている記事があったので載せておく。
僕のブログはただの娯楽なので詳しいことが知りたい人はこの記事を読んでほしい。僕のブログは興味を持つ入り口になってくれればおっけーなのだ。笑

 

cslbook.com

 

この記事は新しい情報が入ってきたら編集して更新していこうと思う。

 

最後にDJココアのおすすめ記事

yokohamakakao.hatenablog.com

yokohamakakao.hatenablog.com

ではではDJココアでした。