横浜カカオクラブ

スコッチをくれないか。

youtuberをバカにしている大人達がどれほど無能かを論理的に解説していく

どーも、牛丼は吉野家派です。DJココアです。

ツイッターこちら→横浜カカオクラブ (@yokohamakakao) | Twitter

 

今日は世間からまだまだ受け入れられていないyoutuberのお話。
ただこれはyoutubeだけに限った話ではなくて、『動画投稿サイト』のお話だと思って聞いてね。

 

f:id:yokohamakakao:20170606203942p:plain

youtubeがどんなものなのかをつかめている人間が実は少ない

youtubeがもたらした現実を受け止めている人が実は少ないと声を大にして言いたい。
言いたいココアは。(倒置法)

 

今、世の中では一家に一台以上パソコンを持つようになり、一人一台以上スマートフォンを持つようになった。それらのほとんどの人はインターネットを使いこなしている。

 

そして、今一人一つ以上、
世界に向けてテレビ局を開局できるようになった。

このコトの重大さに気づいている人がどれだけいるだろうか。

 

今、我々がやらなくてはいけないのはこのツールを使ってなにができるかを模索することのはずだ。

今は一部の若者が世間から嘲笑されるような内容で注目を集め、広告収入を得ているかもしれないが、それらを全てだと思いのこツールから目を背けるのはあまりにも無能ではないか?

 

それはパソコンがまだそれほど普及していない頃、秋葉原に集まるオタクの人々を指差し笑っていた人間と同じことをしているとココアは思っている。

 

オタク文化は10年先を行くと言われている。
パソコンの普及も、アニメブームも、アイドルブームも、全てオタクが世間の10年先を歩いていた。

今起こっているyoutubeの流行も、約10年前にニコニコ動画という形でオタクの人々は既に経験していた。

我々は常に先を越されているのである。

 

youtuberはなぜバカにされるのか

これは2つの要素が重なって人々に不快感を与えている。

・レベルが低いこと
・儲かっていること

この二つだ。youtuberを見たことがある人々が皆感じることだろう。

なんの芸もない人々が稼ぎまくっているのだ。

 

ただ!この誤解もDJココアが解いていこう。

 

以前、シバターさんとヒカル君というyoutuberの間で、『youtuberは素人か』というテーマで論争が起こったことがある。

 

これについてココアの見解を述べようと思う。

youtuberにもプロはいる。

ただ、

売れているyoutuberは素人が多い。

これが結論である。

例えば、英会話の講師が普段している英会話の授業をyoutubeにアップしていればそれはプロな訳だし。
板前が料理動画をあげているかもしれないし、ワードやエクセルの教則をやっている人もいるかもしれない。

こういった人々はちゃんと芸を持っている。

 

映画や音楽の世界でも、なんでもそうなのだが、

作品が優れているかどうか。と、作品が商業的に成功したかどうか。は別の話だ。

今世間でyoutuberとして紹介されている人、youtuber代表として認知されている人々は、youtuberとして商業的に成功した人々だ。

 

もっと言えば、再生数が多くなるように内容を特化させたから有名になった人々なのだ。

 

だから、世間がyoutuberはレベルが低いと思っているのは誤解である。
無名だがレベルの高い動画をあげている人々はちゃんといる。

 

youtuberをバカにしている芸能人の人々へ

気持ちはすごく理解できる。自分たちより芸のない素人が自分たちより稼いでいるのだからそりゃ悔しいだろう。

芸能人はyoutuberを芸能人になれなかった素人が芸能人の真似事をしていると思っている。

僕もこの記事の最初でyoutubeのことをテレビ局と表現したが、それはテレビ局として使うことができる。という意味であって、youtubeはテレビ局ではない。

 

youtubeは動画投稿のsnsだ。

 

それを忘れてはいけない。

youtubeサイドがsnsです。と公言しているかどうかは知らないが、やっていることはsnsと一緒である。

・自分のページ(チャンネル)を作る。
・お互いに登録することができる。
・メッセージが送れる。
・コメントができる。

やっぱりsnsだ。

これがつぶやきだったらツイッターだし、日記だったらブログだし、写真だったらインスタグラムな訳で、youtubeは動画な訳だ。

youtuberは芸能人になれなかった素人が芸能人の真似事をしていると思っている人に気づいて欲しい。

 

ツイッターやっている人は文章家になりたかった人々ですか?

 

そんなわけない。ただのsnsだ。ブログも同じである。

 

そしてもう一つ気づいて欲しい。

芸能人のsnsだって別に面白くない。

ということに。

芸能人のブログは大体、今日食べたご飯の写真をアップしたり、愛犬を恋人だといって紹介したりしている内容が多かったりする。

snsとして比べたらyoutuberの方がマシな企画をやっている。

更新頻度だってyoutuberのツイッターの方が断然高い。

つまり、ネット上では芸能人よりyoutuberの方が面白い。という結論に若者の間でなってしまっているのだ。

 

しかし、そんな内容としては全く面白くない芸能人のブログでも、広告収入はしっかりと発生している。ブログで月に数百万稼いでいる芸能人だっているのだ。

それはプロの作家の人々に失礼じゃないですか?

と、、、なってしまう。

 

同じなのだ。芸能人の方々はyoutuberの活躍が面白くないかもしれないが、みんなそうやって世の中回っているのだ。

 

テレビ界はそんなに優れていたのか?

では、テレビ界がどのような道をたどって来たか振り返ってみよう。テレビができて、一家に一台テレビが普及して行った時、それが面白くないと思っていた人々がいた。

芸能界の人々だ。

こう書くと、どうゆう意味?となってしまうと思う。
当時、芸能とは舞台で活躍する役者や、歌手、噺家のことを指して使う言葉だった。芸を売りにして人からお金払ってもらう人々だ。

しかしテレビというものは(ラジオもだが)無料でサービスを受けることができる。では、どうやって演者は給料を貰っていたのか?広告料である。

 

すると、芸を磨くことよりも、企業に媚を売り、CMをもらい、商品を紹介する芸能人が次々に出てきた。

 

そういった人々を、芸にプライドを持って活動していた舞台の人間は軽蔑した。

 

代表的なのが、昭和の爆笑王、初代 林家三平である。

今では名人芸のように紹介されるが、当時の新聞では、「ばか騒ぎ芸人」「単なるテレビ芸人」「味わいもなにもあったものではない」などと、ひどい言われようだった。

林家三平古典落語ができないテレビタレント。という評価だったのだ。

しかし、三平は昭和の名人と言われた落語家たちよりも桁違いに稼いだ。テレビ広告の力で。

 

さて、ここまで聞いてなにかに似ていると思わないだろうか?

 

今のyoutubeと同じである。

 

いや、でもテレビの世界には芸のあるすごい人々だっている!という人もいるだろう。先にも書いたが、それもyoutubeと一緒である。

youtubeの中にはプロ並に歌のうまい人はいるし、プロ並みにギターやダンスがうまい人はいるのだ。

 

 

 

さて、そんな、芸を持っている人と、そうでない人が混在するようになったテレビ界はその後どうなっていったのか。素晴らしい芸を持った人々が活躍するものだっただろうか。

 

残念ながらそんなわけはない。先にも書いたように、

 

作品が優れているかどうか。と、作品が商業的に成功したかどうか。は別の話だ。

 

テレビがバブルだった時、どんな内容の番組が作られていたか。

 

・芸能人を集めて行われる水泳大会で、たまにおっぱいが出てしまう番組。
・深夜のお色気番組、女の子のパンチラコーナーがある。
・女の子が生放送で生着替えをする。
志村けんがコント中、女の子のおっぱいを揉む。
加藤茶がストリップの音楽に合わせて踊る。

 

さて、低俗だと思わないだろうか。これがテレビのバブルだった時代だ。

もちろん優れた番組や作品は作られていっただろうが、視聴率を稼ぐのはいつだって低俗な番組で子供がターゲットだ。

 

ドリフターズは伝説の人々となったが、ドリフターズがスゴイと言っているのは、

ドリフターズの活躍当時、子供だった人々が、今大人になって言っているのだ。

 

一方、ドリフターズの活躍当時、大人だった人々は、子供に見せたくない、低俗な番組を作っていると思っていた。

 

さて、なにかに似ていないだろうか。

 

今のyoutubeと同じである。

 

そうやって新しいメディアが生まれていっているのだ。その流れに乗った一部のものが成功しているのだ。

 

 

 

 

youtubeをツールとして使っている優れた人々

さて、最後に、ココアがyoutubeをツールとして活用している優れた人々を紹介する。「ツールとして使う」というのはアフェリエイトとして広告収入を得ることではない。あくまでyoutubeを活動の道具として使いこなしている人々だ。

 

最初に説明した「このツールを使ってなにができるかを模索すること」を我々はするべきだというところに繋がってくる。

 

それをしている人々だ。

まずは、

Goose house

www.youtube.com

youtube上で音楽活動をするグループだ。彼らが証明した偉業は

レコード会社がいらないことを証明した。

ことだ。ブランド力を高めるために契約はしているかもしれないが、彼らの活動を見ている人は感じただろう。レコード会社が必要ないことに。

 

自分たちのチャンネルの影響力が強いめ、広告媒体を持っている状態なのだ。つまり、CDやグッツは流通に乗せなくてもネットショップで売れるし、コンサートチケットも自分たちで完売できるのだ。

 

彼らがやったのはいわゆる路上ライブを路上ではなくて、ネット上でやり続けること。ちなみにココアは竹渕慶ちゃんのファンです。

 

続いて、

KAZUYA channel

www.youtube.com

 

彼は政治や歴史をテーマに時事ネタを提供し続けるチャンネルをしている。彼がしてくれた偉業は

一般人の持つ影響力とその可能性を証明した。

ことだ。

今までは、政治的な思想や主張があった場合、選挙に出馬する、本を書く、デモを起こす、など。とんでもなくエネルギーと時間、お金がかかる方法しかなかった。

 

本を書いたところで無名の作家は出版などさせてもらえない。出版できたところで全く売れない。が容易に予測できる。

 

しかし、彼はyoutube上で時事ネタを紹介し、自分の見解を語り続けることで、ファンを増やしていき。チャンネルを確立して行った。

 

今では全国で講演会を行い、出版した本はベストセラーになっている。

 

彼はそのつもりはないかもしれないが、youtube出身の政治家も十分になりえる。そんな可能性を示してくれた。

 

最後に

さて、いかがだったでしょうか。お気づきかと思われますが、タイトルは閲覧者を釣るために無能という強い言葉を使っています。笑

 

本音はあまりそう思ってないです。それぞれでいいと思います。

 

youtube界はまだまだ発展途上なので、これからもっと面白い人が出てくると思っています。
見守って行きましょう。ではでは。DJココアでした。