横浜カカオクラブ

スコッチをくれないか。

ペヤングの知られていない美味い作り方

どーも、立川志の輔が好きです。DJココアです。

ツイッターはこちら→

横浜カカオクラブ (@yokohamakakao) | Twitter

f:id:yokohamakakao:20170603014342j:plain

一言言いたいんです。前々からカップ焼きそばに対して抱いていた不満。
決してカップ焼きそばが嫌いなわけではないんです。むしろ好きなんです。だからこそ言いたい。

 

あれ焼きそばではないよね。

 

『カップ焼きそば』っていう食べ物だよね。そもそもよ、そもそものところで引っかかっちゃうわけよ。

 

まず焼いてないし。

とね。でもいいんです。美味しいから。そこには変わらない愛があるから。ということで、今回はDJココアがお送りします。美味しいペヤングの作り方。行きましょう。

 

DJココアの別記事はこちらをどーぞ。

 

yokohamakakao.hatenablog.com

yokohamakakao.hatenablog.com

 

ペヤングの最高に美味い作り方

実はペヤング、作る人によって微妙に仕上がりが違うんです。これはね、陳腐なアレンジの話ではないんです。(今回最後に若干アレンジも入れるけど)

単純な話。

 

ペヤングが推奨しているお湯の時間とソースの量が黄金比じゃない。

 

これがココアの出した結論です。

もっと美味しいラインがあるのです。今回ココアが推奨する作り方!

 

・お湯の時間2分20秒!

・ソースは4分の3だけ入れる!

 

これなんです、ただこれだけですが。これが全てです。(by竹内ピストル)

 

今回言いたいのはただこれだけなんです。お湯の時間が長いんです。お湯を捨てた後、さらに液体ソースを入れたことでブヨブヨになるんです。液体ソースを吸う分を少し早めにお湯を切って欲しいとココアは思うんです。

 

そして!ソースが多い!ソースの味しかしなくなっちゃうと思うのです!実は麺自体も美味しい香りがするのにソースで殺されてるのです!

 

嘘だと思う方はぜひ!!試してみてください!こっちの方が美味しいから!!

 

さて、今回言いたいことはここまでなのですが。ここで終わるとブログ的に地味なので、実際に作ってみようと思います。

 

まぁ、過程も結果も全部説明してしまったので、あんまり意味ないかもしれないんですが。ほら、ブログせっかく見に来てくれてる訳だし。

 

という訳で、こちら!

f:id:yokohamakakao:20170603020258j:plain

 

ペヤングじゃねええええぇぇぇぇぇえええええええええええええ!!!!!!!!!!!!

 

元も子もないのをブッ込んだ。。。
ペヤングが家になかった。という内部事情。コンビニ行くのも面倒くさかった。

 

いや、けどね、この話は大体のカップ焼きそばに当てはまる話なのよ。だから今回はこれで作らせて欲しい。

 

ということで、ココアはお湯を沸かし、カップ焼きそばに注いでみる。かやくは湯を切るときに出口に詰まることがあるので麺の下に仕込む。

 

カッチリ測るタイマー、時間は2分20秒。火傷をしないよう注意を払い、流し台に湯を流していく。

少し、芯の残る麺、完璧な仕上がり。後はソースを絡めるだけ。そして気づく。

これ粉末ソースだ。

 

え、このクダリはなんだったの?今までなにをしてきたの?少なめの時間で湯を切ってる訳よ。水分少なめにしてるの。そこに粉末かけたらパサパサになるよ?

 

この後、さらに別のアレンジトッピングとして揚げ玉とかつお節を用意してたんだけど。

 

全部乾燥系じゃん。

パッサパサじゃん。

 

まぁ、ここまでやったから最後までやりきりますよ。

 

f:id:yokohamakakao:20170603021800j:plain

 

一見それなりに仕上がって見えるでしょ。

 

これ箸で持ち上げたら全部持ち上がったわ。

揚げ玉カリッカリだったわ。

 

今回は失敗。やっぱりペヤングでやるべきだったね。

今日はこの辺で。じゃ、夢で。