横浜カカオクラブ

スコッチをくれないか。

youtuber ヒカルの新事業に関して致命的な欠点を論理的に解説していく

どーも、安定の底浮上。DJココアです。

ツイッターはこちら→

横浜カカオクラブ (@yokohamakakao) | Twitter

実はyoutube好きなんです。笑

今日はヒカル君の新事業の話を聞いていて、小・中学生にはちょっと難しいみたいだから解説しようと思う。

f:id:yokohamakakao:20161125024203j:plain


さて、その前にヒカル君がどんな人か知らない人のために。こちらどーぞ。

newyoutubers.com

 

さて、今回、ヒカル君がyoutubeを使って事業をしたいということで、その企画内容が動画になっていた。ただそれを主観的に否定するのはよくないので、論理的に解説していこうと思う。

DJココアの別の記事もよかったらどーぞ

yokohamakakao.hatenablog.com

yokohamakakao.hatenablog.com

ヒカル君の新事業内容

『高卒の人々でも一流企業に就職できるよう、仲介する事業を立ち上げたい。

家庭や環境の事情で大学に行けない人々がいる。しかし、そんな中にも、能力の高い人々はちゃんといるのだ。そんな人々を一流の大企業に繋げていきたい。

ざっと要約するとこんな内容。でも、これね、割と長い動画になっていて、しかもそのあと別の動画でDMMの会社に訪問して相談したりしてるところもアップされているんだけど。

全く具体的な内容話してないんだよね。

だからね、肯定も否定もしにくいの。っていうかその段階でなんで公開したんだろ?っって思うの。

コメント欄でスゴイスゴイって言ってる人達いるけど、これどうやってやるかを説明してないよ?

『スゴク安くて、いい食材を使ったレストランを作りたいんです!』って言われたらさ、そりゃみんな作って欲しい!って言うだろうさ。でもそれどうやって作るの?ってなる訳よ。

事業ということはボランティアではないはずだから、お金儲けにならないといけないはず。ではどこからお金を発生させるの?

企業側がお金を払って高卒を紹介してもらうのか。
それとも紹介してもらった高卒の人がお金を払うのか。
(お金なくて大学いけない人とかを対象にしたサービスのはずだけど。)
もしくはそれ以外の方法でお金を発生させるか。
僕はまずそこを明確に説明して欲しかった。

 

マッチングの需要がないと思う。

一流企業とのマッチングに関して。婚活のサービスとか、援助交際とか。世の中いろんなマッチングサービスがあるんだけど。それって双方が出会いたいと思っているのに出会いの場所がない。っていう時に需要があるサービスなんだ。

でもね、高卒の人は一流企業と繋がりたいと困ってるとして。

一流企業は高卒と繋がりたいって困ってないじゃん。

これはシバターさんも指摘してたけど、一流企業は能力の高い高卒の人を雇わなくても、能力高いし大卒って人を雇ってるから困ってないと思う。

アナウンサーになる人って。高学歴で、人前でのスピーチ能力が高くて、しかも美人。な訳でしょ?

そりゃ世の中には、スピーチ能力高くて、美人だけど、高卒。って人はたくさんいると思う。ただ、テレビ局がその高卒を採用する理由がないよね。
別に普通に募集したら能力高い大卒の人達がいっぱいくるわけで、そこから採用する人間を選んでるんだから。すると大卒が持ち得ないとんでもない能力を証明しないといけないことになってしまう。

みんな就職する側目線で見てるけど、採用する側目線でも見て欲しい。

 

っていうか能力が高いってなに?

ヒカル君が自分の影響力を使って。っと言っていたけども、一流企業はヒカル君よりも大きい影響力を持っている。高卒採用を始めたいなら自分達で勝手にやるとしか思えない。ヒカル君がやりたいというなら企業はどーぞというかもしれないが、それじゃあただの求人広告を出しただけだ。お金もいくらか出してくれるかもしれないが、それではただの企業案件でしかない。よその求人サイトよりも安いなら依頼しようかな?というノリで仕事が来て、この事業が成功と言っていいのだろうか?

つまり、この事業は、一流企業が自分たちでは集めることが出来ないようなハイスペックな高卒をヒカル君が連れて来れて初めて成功したと言える。

それってできるの、、、?


っていうかヒカル君のいう能力が高いってなに?
大卒と同じ能力じゃダメなわけで、英語話せる大卒なんて別に珍しくないから、3ヶ国語以上話せます、とか。簿記とかファイナンシャルプランナーの資格持ってて投資に関する講義実績あります、とか。自作のアプリの特許持ってます、とか。

そうゆうレベルで初めてやっと、大卒の求人で出会えなかった人材だ!ってなるんじゃないの?(そうゆう大卒いるけど少数って意味ね。大学在籍中に起業して会社経営の経験ありますって大学生だって中にはいるわけだし)

DMMでやるイベントで選りすぐりの天才300人集めます。ってヒカル君言ってたけど。このレベルの人300人集まらないと思うんだ。。。

ただのオフ会になると思うの。

じゃあ成功しないの?

そうは言っていない。ボランティアみたいな企業が出てきて、話題作りのためとか、企業広告になるからってことで乗っかる可能性はある。
でもそれを成功と呼ぶべきかどうかは意見が分かれると思う。


もしくは上で書いたような天才がコンスタントに300人以上集めれるなら文句なしで成功だと思う。

 

と、ここまでがDJココアの見解です。いかがだったでしょうか。個人的にヒカル君が嫌いとかそうゆうわけではなく、今回はこっち側の視点で書かせてもらいました。
僕はこういった新事業の企画とか話が好きなので、今回の記事は書いていて楽しかったです。もし気分を害した方がいるようでしたらごめんなさい。
今後この事業がいい意味で僕の予想を裏切ってくれたらいいなと思っています。

今日はここまで、じゃ、夢で。