横浜カカオクラブ

スコッチをくれないか。

ハンターハンター クロロの能力が強くない理由

どーも、昔旅団の一人を殺っているDJココアです。

twitterはこちら横浜カカオクラブ (@yokohamakakao) | Twitter

さて、今日は幻影旅団団長クロロのお話。ファンの方に怒られそうだね。
ただこれだけは言いたい。僕は登場キャラの中でクロロが一番好き。

クロロが嫌いな訳ではないし、弱いとも思っていない。
クロロが弱いんじゃなくて、クロロの能力がみんなが思ってるほどチートじゃないって話。その辺を詳しく話していこうと思う。

f:id:yokohamakakao:20161128011215j:plain

ちなみに他にハンターハンターに関して書いてる記事はこちら。

yokohamakakao.hatenablog.com

 

ではクロロのお話。

クロロのスペックはどれくらいなのか

クロロは特質系である。
つまり、強化系、変化系、放出系、具現化系、操作系の能力を何%づつ引き出せるかが不明ということだ。

ここで、え?特質系って六角形のヤツで一番下だから具現化、操作が80%で強化が40%とかになるんじゃないの?

となる人がいるが、それは違うと僕は読み取っている。

作中それに関しては明確に書かれていない。(見落としてたらゴメン)

それぞれの系統を引き出せる比率が分析不能だから特質系なのだ。

根拠としては、クラピカの師匠の説明だ。

 


六角形の図を指しながら、なぜこの位置に特質系があるかというと、後天的に特質系になる可能性が具現化系と操作系が高いから。と言っている。

つまり、あの位置に特質系が書かれているのはパーセンテージの理屈が当てはまることが理由ではないということだ。

現に特質系のクラピカは全ての系統を100%引き出せる。

さて、ではクロロのスペックはどうなっているのか。
これも作中では明確に書かれていない。
しかし、読み取れる描写はある。

クロロとゼノの戦闘シーン、ゼノが手にオーラを集中させたとき、クロロは「あれで突かれたら俺の防御力ではガードしきれない」

と言っている。
つまり変化系のゼノの強化した突きは受け切れないということだ。

もしも、クロロのポテンシャルがゼノと同等だとすれば、強化系を引き出せる力は変化系であるゼノよりも劣っているということだ。

ゼノよりもクロロのポテンシャルが上であればあるほど、クロロが強化系を引き出せる力は低いことになる。

強化系に関する詳しい説明はこちら

yokohamakakao.hatenablog.com

クロロVSヒソカの試合を見ても、クロロの戦いかたが姑息だと言う人がいるが、強化系の引き出しが低いクロロの戦い方はああなる。
むしろ冨樫は作品に矛盾が出ないようにうまく描いていると思う。

上で紹介している記事にも書いているが、戦闘は基本的に肉弾戦がほとんどであり、正面からまともに攻撃を交換し合えば、強化系が強い方が有利になっていく。

クロロは真っ向勝負が苦手なのである。

クロロVSゼノの戦いでも、基本的に受け手で引きながらの戦い方をしている。
(お互いが警戒しながらで全力で戦っていないのもある)

特質系を除く5つの系統で強化系はRPGでいうところの戦士や勇者。
一人でも戦えるバランスのとれたステータス。

具現化系や操作系はRPGでいうところの魔法使い。
援護が得意で直接本人を攻撃されるのが苦手。という位置付けだと考えられる。

特質系は分類不可だが、クロロの場合後者に近く、実際にスキルハンター自体は戦闘に直接特化した能力ではない。

ちなみに過去に特質系として登場したキャラクターのほとんどは武闘派ではないか、武闘派だが能力自体が攻撃的なものでないことが多い。

特質系能力者
クロロ
パクノダ
ネオン=ノストラード
バショウ
ビノールト
レオル
メレオロン
メルエム
ネフェルピトー

クロロはもちろん、能力者として優れているし、能力を最大限に活かす頭脳を持っていると言えるが、戦闘に直接響く能力にしていないと言える。

 

スキルハンターは使い手がクロロでなければ弱い

前にも書いているように、クロロは能力者として優れているし、能力を活かす頭脳を持っている。
その為、スキルハンターを使いこなしているがクロロでなければ、スキルハンターは非常に弱かったのではないかとDJココアは考える。

スキルハンターが登場した時、こんなの反則的に強いじゃないか!
と読者の中で話題になったが、実際はそんなことはない。

まず、よく言われてるのが、「格下じゃないと盗めないじゃないか」というところだが、僕はあえて違う視点の話がしたい。

「盗んだところで使いこなせないじゃないか」というところだ。

例えば現実の世界で、射撃の名手であるピストル使いの男がいたとしよう。
スキルハンターは彼から、ピストルを盗んで使えるという話をしているのであって彼の射撃の腕前を盗めるという話はしていないのである。

次元大介からマグナムを奪うことができたところで、盗んだ彼は次元大介並みに強くなるだろうか。ならわざわざ盗まなくても同じマグナムを買ってこればいいんじゃないか?

実際クロロが使う他人の能力で無敵のように破壊的な能力は登場していない。
盗む条件をクリアできそうな範囲で手に入れた能力で、使い方の上手さで戦っている。

つまり手に入れた能力を使いこなすクロロは相当な戦闘のセンスと戦術に長けたキャラクターと言える。

特質系ではなく、違った能力だったならもっと強かったのではないかとさえ思えるが、あのスキルハンターを使った戦略的な戦い方こそ彼の魅力となっているに違いない。