読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜カカオクラブ

スコッチをくれないか。

ハンター×ハンター 念能力に関して強化系が最強種であること。

漫画やゲーム、映画の話

どーも、具現化系の自覚があるDJココアです。

twitterはこちら横浜カカオクラブ (@yokohamakakao) | Twitter

 

ハンターハンターの念能力に関して、ややこしくって実はよくわかってないって人がかなり多いので僕なりに解説。

掲示板とかで、「そんな訳ないじゃん?!」っていうこと言っている人が多かったので説明しようと思う。

と、言っても僕は作者じゃないので、僕が正しい訳ではないし、僕の目線で作品から読み取った話であることを忘れずに。
でも一応現代文の偏差値70あるから、大外れな話はしていないと思いたい。笑

f:id:yokohamakakao:20161122231614p:plain


6つの系統で最も強いのは何系か?

これはホント、掲示板の人々に言いたい。

強化系一番弱くね?
特質系が一番強いでしょ?
って言ってる人が多すぎる。

 

いやいやいやいや。
確かに元々比べるのが難しい話ではあるんだけど、格闘技で一番強いのは空手?キックボクシング?柔道?
って言ってるようなもんだから明確には比べらんないんだけど。

だとしてもそれは違うと思う。

 

ちなみに系統別の詳しい説明はこちらを見て欲しい。

yokohamakakao.hatenablog.com

ジョジョの奇妙な冒険など、少年誌では能力バトル物が主流になって能力の個性をどう生かして戦うかが見どころになってきた。
すると必然的に「シンプルなパワーファイターは弱い」っていう位置づけになっていったわけよ。
ただハンターハンターの世界では全然そんな話になっていない。
実は読者が言っているだけで、強化系が弱いなんて話は出てきてない。(見落としてたらゴメン)

実際、クラピカは強化系を希望していたし、具現化系の安定した力で強化系を極めた人間に勝てるか?
という質問にクラピカの師匠は難しい。と答えている。

 



どっちかっていうと作中の扱いでは強化系が一番強いのだ。

ハンターハンターの世界観では念能力者は戦闘集団ではない。
色々な能力者がいて、非戦闘能力を持つものも世界中にいる設定である。

でもハンターハンターはバトル漫画だから、戦う念能力者にスポットライトが当たっているわけだ。

だから強化系が念能力として一番いい訳ではないけれど、こと戦闘に関しては強化系が一番強いって話を作品全体でしている。

それでも納得いかないって人にちょっと例え話をしていこう。

よく、系統別でどれが強いかって話をするとき、キルアがどうとかクロロがどうとか、ゼノがどうって話をする人がいる。

 

それは比べ方として間違っている

強化系の代表キャラクターと特質系の代表キャラクターを持ってきてどっちが強いかって話は系統を比べてることにならないからだ。

ウヴォーギンとクラピカがクラピカの方が強かったって話は、特質系が強かったんじゃなくて、クラピカが強かったって話だ。


系統で比べたいなら強化系のゴンと変化系のゴンがいたとしたらどっちが強いかって話をしないとダメでしょ。


さて、ここで思いだして欲しい。

ゴンVSゲンスルー
クラピカVSウヴォーギン
クロロVSゼノ

その他数々のハンターハンターで登場した戦い。

もちろん例外はあるが、基本的に肉弾戦であるということ。

殴ったり、蹴ったり、避けたり、殴ったり。
もちろん武器も使うが、基本的に攻撃を交換して戦うのだ。

ではさっきの強化系のゴンと変化系のゴンが戦った場合どうなるかシュミレーションしよう。


強化系ゴンと変化系ゴンの潜在的な攻撃力が200だとする。


強化系ゴンのパンチは100%強化できるため、200の攻撃力をそのまま伝えることができる。

つまり、強化系ゴンの右ストレートの威力は200である。


変化系ゴンの潜在的な攻撃力は200だが、パンチを80%しか強化できないので、200の攻撃力を160しか伝えることができない。

つまり、変化系ゴンの右ストレートの威力は160である。

ただ、変化系ゴンは攻撃を電撃や爆発に変えることで攻撃に変化をつけることができる。

っていうね。これが強化系と変化系の違いだったわけだ。
変化系は足りない攻撃力を見事に補ってるわけだ。
これだと一見平等みたいに見えるでしょ。


攻撃に関してはこれでいいわけよ。納得なの。

でも結局防御力に差があるのよ。

これが強化系のバランスがいいって言われる理由なの。

今我々がいる世界でさ。
人と戦う時、攻撃する時はいいさ、

金属バットで殴ろうが(強化系)
スタンガンでバリッとやろうが(変化系)
ピストルでバンッと撃とうが(放出系)

じゃあ、相手が攻撃してくること想定した時、

スタンガンやピストルでブロックできないじゃん

っていう話なのだ。

ちなみに強化系は治癒力も高い。

クラピカVSウヴォーギン
に関しても、クラピカの特質系に「強化系を100%使える」という一面がなければウヴォーギンのパンチが当たったとき、クラピカの負けが確定していたはずである。

(僕個人としては強化系でかなり強いクラスにいるはずのウヴォーギンが負けたことが強化系が弱いと言われるようになった理由じゃないかと思ってる。)


だから、

正面から一対一で、小細工なしで戦うなら、

強化系が強い。という結論になるのだ。

そんな中で僕が思う、防御力の部分で強化系に対抗できるよくできた能力を上げておこう。

キルアの能力と、ヒソカの能力だ。

キルアの能力は、相手からの攻撃をそもそも避けるというところで防御力の不足を補っている。

ヒソカの能力は、攻撃の威力をバネの力で吸収するというやり方で殺すことができる。

 


ちなみに、強化系がシンプルすぎて面白みがないと思ってる方が多いが、強化系の能力は「モノの持つ力や働きを高める能力」である。

ゴンやウヴォーギンの印象が強すぎて拳で戦うイメージが強いが、よほど拳で戦うことに思い入れがない限り拳を強化するのは遠回りだと僕は思っている。

拳をハンマーレベルに強化するならハンマーを買ってきてハンマーを強化した方がより強くなると思うからだ。

僕としては天空闘技場で出てきた舞踏独楽を使うギトが正しい強化系の使い方だと思う。

作中には出てきていないが、ターボライターを強化して火炎放射器レベルの攻撃をしたり、スタンガンを強化して雷を落とすようなキャラがいてもいいと思っている。

強化系にも十分な応用の余地があると思っている。