横浜カカオクラブ

横浜カカオクラブ

スコッチをくれないか。

ハンターハンターの二次創作小説でも

暇だからハンターハンターの二次創作小説でも書こうと思う。第4話

暇だからハンターハンターの二次創作小説でも書こうと思う。第4話 密入島 山崎と恭平は小太りの中年刑事に連れられ、島の小さな港でボートから降りると、入島手続きを済ませた。 山崎と刑事はスーツ姿で、恭平はいつもの黒いジャージで来ていた。 手続きの時…

暇だからハンターハンターの二次創作小説でも書こうと思う。第3話

暇だからハンターハンターの二次創作小説でも書こうと思う。第3話 ヘブン 『生活保護者特別地区』通称、ヘブン。40年前、生活保護者に関する法律が大幅に変更された。否定的な世論の多い生活保護法案、時の与党は、『限定的な地域で保護する』ことを決定した…

暇だからハンターハンターの二次創作小説でも書こうと思う。第2話

暇だからハンターハンターの二次創作小説でも書こうと思う。第2話 テキスト 湯座は灰皿に煙草をぎゅっと押し付けた。 湯座 「俺の見立てではな、ドラゴンノートに念を込めた人間と、今回のテキストを作った人間は別の無関係の人間だ。そしてこの際、ドラゴン…

暇だからハンターハンターの二次創作小説でも書こうと思う。第1話

暇だからハンターハンターの二次創作小説でも書こうと思う。第1話 ハートのマーク 風が吹いた、乾いた風だ。早朝の空は青く、数える程度の雲が低い位置を泳いでいた。色づいていた葉は水分を失い、少しの風に大きく煽られ、カサカサと音を立て、散っていった…